FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方紅魔郷SS 更新4

回想③(Stage2)
かくして博麗霊夢は森を抜けたわけだが、そこで目の当たりにしたのは一面に凍りつく湖であった。
「おかしいわね。こんなに凍るほど気温は低くないはずなのに。もうすぐ夏じゃなかったのかしら。」
 霊夢の着ている巫女装束は確かに夏冬両用できるものではあったが、突然の寒波に対応できるはずもない。震えながら湖の上空を進んでいると、背後から声がかけられた。
「おねーさん、なにしてるの?暇ならあたいと雪合戦しない?」
 突然声をかけられ驚いている暇もなく、その少女は持っていた氷を霊夢へと投げつけてきた。ルーミアと同様に人間と変わらない少女のような容姿であり、おてんばという言葉がしっくりくる勝気な目が印象的であった。
「ちょっと、貴女。勝負をするならルールを守りなさい。」
「おねーさんが言ってるのって弾幕勝負のことでしょ?あたいがやってるのは雪合戦だよ。」
 と言いつつも投げてきているのは氷塊である。しかも、その速度が尋常ではなく、普通の人間には一発当たっただけでも致命傷となるレベルであった。
「殺す気満々じゃないの…。ねぇ、貴女。」
「あたいの名前はチルノだ。覚えておきな。」
氷精は自信満々に名乗る。
「そう。ならチルノ。一週間ほど前、黒い魔法使いがこのあたりを通りがからなかった?」
 チルノは一週間ほど前、確かに魔理沙との戦闘を経験していた。しかしその結果は散々なものであり、チルノのプライドはその事実を認めることはできなかった。しかし、嘘をつくことも好きではない彼女は果たして、一瞬よりも長い逡巡のもとはぐらかすこととした。
「そんなのしらないね。……見たかもしれないけど、おぼえてないや。」
「……そう、残念ね。そろそろ雪合戦はおしまいなのでしょう?早くカードを宣言しなさいよ。」
チルノの作った間を十分に理解した霊夢は、さして残念がる風もなくスペルカードを催促する。ルーミアとの戦闘を経験した霊夢はスペカルールによる戦闘に楽しみを見出したようだ。(単純に氷塊を避けるのに飽きただけなのかもしれないが。)
「ばかにするなっ。凍符「パーフェクトッ…」」
しかし、霊夢はスペカ宣言する時間を待つほど甘くない。
「今回は先に宣言をさせてもらうわ。霊符「夢想封印 散」!!!」
 スペルカードの宣言をし損ねたチルノは霊夢の繰り出す弾を受けながらも攻撃を繰り出してくる。思ったよりも濃く、速い弾幕が霊夢に襲い掛かった。霊夢は必死に避けるが、いつくもの弾が体を掠めていく。
「なにこれっ、弾密度が濃いっ!! 侮っていたか、氷の妖精。」
 チャンスと悟ったか、チルノはスペルを宣言する。
「とどめだっ、必殺!!雪符「ダイヤモンドブリザード」(Luna ver)!!!」
 弾密度は濃いけれどもゆっくりとした弾幕がチルノから放たれた。
「やばっ、……ってなんでさっきの攻撃よりも弾幕遅いのよ!」
普段の冷静さを思わず忘れて、霊夢は思わずツッコミを入れる。
「うるさいっ。スペルカードは綺麗な弾幕って指定したのはあんただろっ!? それを目指して悪いのかっ!!」
 叫びながらも必死にスペルを発動し続けるチルノの弾幕を軽々とよけつつ、霊夢は考えていた。そもそも命名決闘法は幻想郷に異変を起こしうる存在に対して、その強大な力を制限しようというものである。力ではなく美しさを目指したのはそのためであり、人間に対して莫大な力を持つ妖怪たちを納得させるにはこの方法しかなかったのだ。しかし…。
 そもそも余り力を持っていない存在にまでルールを課す必用はあったのだろうか。無論この氷精が弱いわけではない。一般人に対してこの力は驚異的、むしろ致命的とも言えるレベルである。
はてさて、この異変を解決した後にスペルカードルールに変更を加える必要があるのだろうか?
(……そうはいっても、これも私がそれなりに力を持っているから考えることなんでしょうけどね。)

「チルノ。」
 霊夢は結局のところこの戦闘に関しては話し合いで収めることとした。目の前の妖精には霊夢との戦闘をする力はない。それでもルールを遵守しようとしたことは発案者として認めるべきだと考えたのだ。
「ちょっと相談に乗ってくれるかしら。」
「相談?あんたみたいなスゴイ巫女に聞くことがあるのか?」
「是非お願いしたいわね。…雪合戦はともかくとして、最終的に貴女はスペルカードルールを順守した戦いをしてくれた。貴女くらいのおてんばな妖精であればルールを守ることはあまり好きではないはずよね。それでも、スペルカードを準備してくれていたのはどうしてなの?」
 霊夢は先に感じた疑問を直接ぶつけてみることとした。上位の妖怪はともかくとして下位の妖精がどう感じているかを聞いてみたかったのである。しかし、この質問の意味がチルノには分かりかねたようで、首をかしげている。もう少し噛み砕いて言う必要があるようだ。
「つまり、……ええと、確かに私は幻想郷の全ての存在に対して守ってもらいたいと思ってこの方法を宣言したわけなんだけど、それは貴女にとっては一方的に決められたことのはずよ。それでも貴女は受け入れてくれた。それはどうしてなのだろうって思ったのよ。」
 なんでっていわれても……、と呟きつつも氷の少女は彼女の気持ちを言葉へと還元していく。
「……、別に、あまり、なんでってことはないけれど……。しっかりとは分からないけれど、こうすればずっと楽しめるんでしょ。ずっと楽しければあたいは嬉しい。そう思っただけよ。ちがうの?」
 結局、霊夢に辿りつけなかったのは『弾幕ごっこ』という遊びの考え方そのものだった。この時までは、あくまでも異変を起こすための一環でしかないと考えていたのだ。元来、人間にとっては一方的な殺し合いである弾幕勝負は妖怪にとっては『遊び』であるという感覚だったのだ。
彼女は (ああ、だからさっきの戦いも楽しかったわけだ。) と納得のいったように、チルノに話しかけた。
「そうね。そうよね、合ってるわ。ならば、改めて尋ねよう。氷を司る君よ。その心を胸に、私と弾幕で遊ばないか?」
 堅苦しい霊夢の誘いをしり目に、
「いいよっ。おねえさんと、遊びたい。」
とびきりの笑顔が返ってきた。


幕間④
「そのやり取りをして初めて私は『スペルカードルール』が間違ったものではなかったということを確信したわけ。まぁ、予定外だったのは貴女方を含めてあんなにも異変を起こそうとする輩がいたことだけよ。」
「結局霊夢たちは何回くらい異変を解決することになったの?」
 外の様子を多くは知らないフランが食いついた。紅魔事変を超えた後確かに外には出られるようになったのではあるが、未だに世間知らずであるようだった。しかしその疑問は…
「いろいろな意味で厄介だから今のは撤回なさい、フラン。」
「なんで?お姉さまだって知りたいでしょ?あ、そうかお姉さまは咲夜からいろいろ聞いているのよね。ずるいんだー。ねぇねぇ、咲夜。霊夢が話してくれないようだから今度話して聞かせてよ。」
 困り顔となっている咲夜に対し、首の動きだけで許可したレミリアは話を先へと進めようと続けた。
「さて、そうして貴女はこの館にたどりついたのよね。……せっかくだからあの娘にも聞かせてやりたいわ。門番を連れてきてくれるかしら。」
 咲夜の後任たるメイド長は、恭しく頭を垂れた。
「まったく、あのメイドは咲夜と違って堅っ苦しいのよね。」
「お嬢様…、それはひどいです。」
長年たてども咲夜とレミリアの蜜関係は変わっていないようだ。

コメント

Secret

プロフィール

snpkn

Author:snpkn
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。